MENU

クレンジングの種類を学ぶ

クレンジングには様々な種類がありますが、どのような種類のクレンジングを選ぶことが大事なのか学びましょう。
まず、クレンジングとは基礎化粧品と言われるもので、スキンケアをする際に使われる化粧品です。

 

化粧する女性

 

クレンジングは、化粧を落とすために使われることは分かると思いますが、化粧の濃さによって使い分ける必要があります。
なぜなら、クレンジングにも洗浄力の違いがあるからです。
洗浄力が強いクレンジングで化粧が薄いものを落としてしまうと肌に負担がかかってしまいます。
逆だと今度は化粧が落とすことができなくなるため、落とそうとして必死に洗い流そうとしますから肌にダメージが蓄積されやすくなり負担がかかります。
つまり、化粧に合ったクレンジングを使わないと、肌への負担が積み重なっていきます。
自分に合ったクレンジングとは、どのような化粧のタイプなのかを知ることも重要なのです。
続いてクレンジングの種類ですが、主にシートやローション、オイル、ジェル、クリーム、乳液、アイメイクリムーバーなどがあります。
シートクレンジングは初めからシートにローションタイプのクレンジングがしみ込んでいるため、とても使いやすいことが特徴的です。
しかし、シートを肌にこすって化粧を落としていくので、肌への負担が大きくなります。
利点としては使いやすさ、と落としやすさですが、肌への負担がとても大きいので旅行や忙しくて化粧を落とす時間が少なかったりする場合に使いましょう。
オイルタイプは油と馴染みやすいので洗浄力がとても強いです。
濃いメイクを落とす際に使われることが多いですが、その分刺激も強いので肌が強くない人は敏感肌になってしまうこともあるかも知れません。
余分に顔を摩擦することは少なくなりますので、メイクが濃く、普通肌の人が使う場合には重宝するでしょう。
続いてジェルタイプですが、オイルタイプと水性タイプの2つがあります。
オイルタイプは先ほど紹介したとおり、洗浄力が高いです。
逆に水性タイプは洗浄力は高くありません。

ジェルタイプなので肌への負担は少ないですが、オイルタイプと水性タイプには洗浄力に違いがでるので使い分けることが大切です。
続いてクリームタイプですが、肌への刺激は少なく、保湿をすることもできますが、洗浄力は高くありません。
マッサージクリームとしても使われることがあるので乾燥肌の方には特にオススメしたいクレンジングです。
続いて乳液タイプですが、肌に優しく、馴染みやすいクレンジングです。
メイクが薄い人、乾燥肌や敏感肌の人にオススメです。
アイメイクリムーバーは洗浄力が高く、マスカラなどのポイントメイクに使うクレンジングです。
メイクが濃くなるポイントメイクに使うにはオススメです。
このようにクレンジングの種類によって使い方が異なりますので、自分に合ったクレンジングを選びましょう。